新聞折込の特徴

新聞折込広告チラシは高い閲覧率を誇る多くの消費者の情報源であり、
購買意欲を促す即効性のある媒体です。

地域密着型のビジネスを展開している人にとって、
地域社会とつながりを持つ事のできる優れたツールです。

配布エリアが自由自在

それぞれの業種や形態、会社の方針によって、商圏は異なります。
新聞折込は、要望に応じてチラシの配布エリアを設定・変更できます。

配布日を設定できる

新聞休刊日以外なら希望日に折込配布が実施できます。
明後日の開店・特売日・イベントに合わせて、自ら今日1日でチラシをポスティングするのはでは間に合いません。新聞折込は、さまざまなスケジュールにあわせた配布ができるほか、毎週の曜日を指定したり2週間に一度というふうに定期的な配布も行えます。
※選挙がある時には投票日の翌日は折込が出来ない場合があります。事前にお問い合わせ下さい。

自由度の高いデザインが可能

チラシの用紙のサイズ・紙質・印刷の色数などを自由に組み合わせる事によって、要望に沿ったさまざまなデザインのものを作製できます。

保存されることで効果も増大

チラシは紙として残り続けます。興味を持ってもらえば保存してもらえる可能性があり、テレビやラジオのように流れていく広告にはない強みです。買い物時に持参する人もたくさんいます。

チラシの裏面をあえて白紙にしてノート代わりに使ってもらったり、クイズや塗り絵・クロスワードパズルを掲載したり、クーポンを付けるなど、工夫を凝らせば更に保存してもらえる可能性が上がります。

広告制作費がマスメディアよりも低価格

テレビコマーシャルや新聞広告などほかのメディアに比べ新聞折込の広告の制作費は低価格で予算に合わせてできます。